心因性EDの治療法 バイアグラ

心因性EDの治療法 バイアグラ

勃起不全の症状は40代あたりから自然と表れてくるものですが、対策をしている人は少ないといわれています。また、勃起不全のことをEDと呼ぶことがあります。

 

EDの中にも心因性のものと、器質性のものがあります。心因性のEDは、主に心の問題で勃起ができない状態のことを言います。ストレスが原因の場合にも心因性EDに含まれます。

 

器質性のEDとは、体の機能がうまく働いていないことが原因です。手術などの後遺症などもこちらのEDに当てはまります。

 

ほとんどのED患者さんが心因性のEDの影響を受けているといわれています。また、バイアグラに関しては、この心因性のED患者さんの勃起不全対策にも効果があると、製造元であるファイザー社は言っています。

 

バイアグラを服用することで、商品イメージも手伝って、精神的に地震が出ることがあるようです。もちろんすべての人に同じことが起こるかというとそうではありませんが、プラシーボ効果というもので、服用しただけで、治ったと思い込むことで、勃起機能が改善することがあるようです。

 

私もEDの自覚症状がありますが、病院に診察にいった時には心因性のEDであるといわれました。少しだけ血流が弱いので、器質性も2割ほど入っているといわれました。初めてバイアグラを処方された時には、本当にうれしかったのを覚えています。